株式会社レ・ミゼラ 代行事業部

あなたの「苦手」は、私たちの「得意」かもしれません。
皆様の「手間」は、私たちが「効率的に行う手段を知っていること」かもしれません。

各種事務局代行、事務代行、マネジメント代行サービスをご提供します。


難しいことではないのだけれど、ただただ面倒。
コツコツやればいいのだけれど、その数分を作れない。
自分でやるのは非効率。
・・・でも新たに1人雇うのも・・・
そんな事務作業の「不便」「面倒」を代行。
皆様の時間、そして活動は、目的遂行の為に有効に使ってください!!


 


〒158-0083
東京都世田谷区奥沢6-27-7 1F

TEL:   03-5706-9822
MAIL: info@misera.co.jp

トップ  > ブログ:その他  > 【2011/07/07】食の好き嫌い

【2011/07/07】食の好き嫌い

今日のランチは久々に八幡唯一(!?!?)のタイ料理店、ソイ7に行きました。
毎度のトムヤムラーメン(もちろんセンレック)をいただきながらふと思ったこと。

食の好き嫌いって何によってできるんだろう?

体質?

家系?
― いや、全然合わないものも結構ある。

両親の苦手な食べ物が、そのまま子も苦手になるケースは非常に分かり易い。
馴染みがないからという理由で。

かくゆう私も乳製品が苦手なのはその影響が大きいと思う。
母が苦手だった故、
我が家には“牛乳”とか“チーズ”といった乳製品が冷蔵庫にいつもなかった。
小学校で強制的に飲まされるまで、飲んだ記憶はない。
(といっても、小学校でも男の子に飲んでもらってたけどw その時間だけモテモテ
まったく馴染みがなく、気づいた時には既に受け付けなかった。

じゃぁ、幼い時に食べ馴染まないと嫌いになるんだろうか?

確かに好き嫌いも分からない頃から与えられているみたらし団子やきゅうり、トマトは今でも大好き。
馴染まない乳製品は苦手。

でもさ、
そんな小さな頃から河豚とか、酒のつまみばっかり食べなかったぞ
タイ料理なんて母の未知の料理だったからかすりもしなかったし、
(年齢的に)大人になって初めて食しても口に合うこと多いじゃん

・・・・・・
味

ちなみに、
私の周りの人生の先輩方の多くは、
たいていタイ料理が苦手である。 
パクチーが苦手、辛味が苦手という理由の人がほとんどである。
こんなに美味しいのに。。。
でもそのくせ(・・・失礼します)韓国料理は大好きだったりする。

確かに韓国料理の唐辛子は確かに日本にも昔からあって、
味覚に馴染みやすい料理ではある気がするけど。。。

う``~ん・・・
どうやってできていくんだろう、人の味覚って。不思議だ~。
at 2011/07/07 21:39:07