株式会社レ・ミゼラ 代行事業部

あなたの「苦手」は、私たちの「得意」かもしれません。
皆様の「手間」は、私たちが「効率的に行う手段を知っていること」かもしれません。

各種事務局代行、事務代行、マネジメント代行サービスをご提供します。


難しいことではないのだけれど、ただただ面倒。
コツコツやればいいのだけれど、その数分を作れない。
自分でやるのは非効率。
・・・でも新たに1人雇うのも・・・
そんな事務作業の「不便」「面倒」を代行。
皆様の時間、そして活動は、目的遂行の為に有効に使ってください!!


 


〒158-0083
東京都世田谷区奥沢6-27-7 1F

TEL:   03-5706-9822
MAIL: info@misera.co.jp

トップ  > ブログ:ミゼラの活動  > 源泉徴収税額の算出の仕方

源泉徴収税額の算出の仕方

事務局を担っていると、たまに発生する"謝礼金"のお支払。
講演をしていただいた、座長役を担っていただいた、原稿をお書きいただいた...などなど。
そして今も実は先週末に開催した年次大会の会計対応の真っ最中。

まぁ~ったく、計算が面倒になった(笑)
しかも国内非居住者の先生もおられる(笑)

2013年(平成25年)1月から、源泉所得税の算出方法が変わりましたよね。
復興特別所得税を併せて徴収しなくてはいけなくなったから。
すでに半年以上が経っているのでみなさんもうご存知かもしれませんが、

年に一度くらいしかそんな計算する機会ないよー

そんな方への事務局のプロとしてメモブログです(^^)v


国内居住者の場合には、10.21%
「実際の支払額(現金・振込等)÷0.8979」をします。
例えば現金100,000円を手渡しする場合は「100,000÷0.8979=111,370.977円」。
小数点以下は切り捨てとなるので、この場合の明細は

  謝礼金額        111,370円
  源泉税額       △11,370円
  受取人受領金額    100,000円

となります。
この「0.8979」...覚えたくないけど覚えておくと便利な数字です(笑)


一方、非国内居住者、つまり外国籍の方へのお支払の場合。
この場合には20.42%の源泉となりますので、
「実際の支払額(現金・振込等)÷0.7958」をします。
例えば現金100,000円を手渡しする場合は「100,000÷0.7958=125,659.713円」。
この場合ももちろん小数点以下は切り捨てとなるので、明細は

  謝礼金額        125,659円
  源泉税額       △25,659円
  受取人受領金額    100,000円

となります。


どうぞご参考ください~






at 2013/07/24 08:30:00