株式会社レ・ミゼラ 代行事業部

あなたの「苦手」は、私たちの「得意」かもしれません。
皆様の「手間」は、私たちが「効率的に行う手段を知っていること」かもしれません。

各種事務局代行、事務代行、マネジメント代行サービスをご提供します。


難しいことではないのだけれど、ただただ面倒。
コツコツやればいいのだけれど、その数分を作れない。
自分でやるのは非効率。
・・・でも新たに1人雇うのも・・・
そんな事務作業の「不便」「面倒」を代行。
皆様の時間、そして活動は、目的遂行の為に有効に使ってください!!


 


〒158-0083
東京都世田谷区奥沢6-27-7 1F

TEL:   03-5706-9822
MAIL: info@misera.co.jp

トップ  > 「はがき」を出す時の盲点!

「はがき」を出す時の盲点!

クリスマスカードや年賀状、暑中見舞いを始め、
会社のサービス案内やサンクスカードなど、
オリジナルのはがき(ポストカード)を制作する機会を持つ人は年々増えているように思います。

そんな中、私が盲点になりがち!!と思うポイントがひとつ。

それは、はがき(ポストカード)には、その上方、郵便番号枠の上に、
Post Card」或いは「郵便はがき」と記さなければいけないという点です。

皆さん、ご存知でしたか!?!?
私、つい数年前まで知りませんでした。
そう言われてみれば、文具店等で買ったポストカードには、
すべて「郵便はがき」或いは「Post Card」と印字されてるんですよね

記載なしのオリジナルポストカードを郵便局に持って行くと、
100枚持ってようが、200枚持ってようが、容赦なく「全てに押印ください」と
「郵便はがき」と書かれたスタンプとスタンプ台をサラッと渡されます。

一枚一枚、ぺったんぺったん・・・
なんとも時間のロス
宛先等を印刷する時点でやっておけば不要な作業時間ですからねぇ

でもルールですから、仕方ない・・・

記載しなかったからといって、届かない訳ではないようですが、
ルールはきちんと守って行かなければなりません。
会社案内等、公のはがきとなれば、尚更常識的なものをお届けしたいですよね。

ですから、手配りではなく、郵送することが事前に分かっている場合には、
初めから両面印刷にして、差出人の情報と一緒に「Post Card」或いは「郵便はがき」
についても印字してしまったり、
宛名印刷をラベルではなく直接印字にして、併せて印字してしまうことを
お薦めします

ちなみに、年賀状を郵政販売の年賀はがき以外で作成される場合、
切手だけ年賀バージョンにしてもだめなんですよ。
切手の下に必ず赤字で「年賀」と加筆くださいね

そうしないと…

年内に着いちゃいますよ~( ̄∀ ̄) ムフフフフ~