株式会社レ・ミゼラ 代行事業部

あなたの「苦手」は、私たちの「得意」かもしれません。
皆様の「手間」は、私たちが「効率的に行う手段を知っていること」かもしれません。

各種事務局代行、事務代行、マネジメント代行サービスをご提供します。


難しいことではないのだけれど、ただただ面倒。
コツコツやればいいのだけれど、その数分を作れない。
自分でやるのは非効率。
・・・でも新たに1人雇うのも・・・
そんな事務作業の「不便」「面倒」を代行。
皆様の時間、そして活動は、目的遂行の為に有効に使ってください!!


 


〒158-0083
東京都世田谷区奥沢6-27-7 1F

TEL:   03-5706-9822
MAIL: info@misera.co.jp

トップ  > ブログ:その他  > 【2011/12/31】千両と万両と南天、そして万年青(おもと)

【2011/12/31】千両と万両と南天、そして万年青(おもと)

あと数時間で2011年が幕を閉じようとしています。
独立記念日の今年、
様々な出来事があり、沢山の感情を経験し・・・
記憶をたどれば決して「早かった」とは言えない程、
これまでになく、本当にいろいろなことがぎっしりつまった一年でした。

皆さんにとっては、どんな一年でしたでしょうか?
そして、どんなお正月準備をされていますか?

お正月の縁起物と言えば、千両、万両、南天、万年青(おもと) ・・・
我が家では南天が赤い実をつけ、家を彩ってくれます。
これらの赤い実を見ると、日本の清々しいお正月の空気を感じますよね。
ところで皆さん、「千両」と「万両」、見分けられますか!?!?

右の写真が千両。(センリョウ科)
景気の良い名前から、
お正月用の花材としてとても人気が高いですよね。
茎頂の4枚の葉の中心に、赤い実をかためてつけます。
そう、千両は茎先、葉の"上"に実をつけるのです。


一方、左の写真が万両。(ヤブコウジ科)
そうです。
万両は葉の下に垂れ下がるように実をつけるのです。
千両よりも実が美しいので名づけられたと言われています。

(その他、万両の実は垂れ下がり、千両は上向きにつくことから、万両の実は重く、千両の実は軽い、との発想から名がついたという説などもあります)

いかがですか? 千両と万両、全然違いますよね。
ちなみに、千両、万両の他、百両(カラタチバナの別名・ヤブコウジ科)
十両(ヤブコウジの別名・ヤブコウジ科)一両(アリドオシの別名・アカネ科)と、
お金(両)をほうふつとさせる名前の植物は、
一の位から万の位までのラインナップが揃っているんですよ。
いずれの植物も秋~冬にかけて赤い実が付きます。

その他、お正月によく見られる南天や万年青。
南天は「難を転ずる」という縁起から重用されますよね。 
傘状に開く葉と、房状の赤い実、
そして細い幹がとても繊細さをかもし出していますよね。
凛とした雰囲気をもった南天が、私は大好きです。
万年青は、
光沢のある肉厚の葉の間から赤い実をのぞかせます。
冬でも緑の葉がつきることがなく、
また新しい葉が出た後に古い葉が落ちることから、
子孫繁栄の祝意を表します。

皆さんのお宅では、どんな赤い実がお正月を彩ってくれるのでしょうか?

さて、このブログは年内最後のブログとなります。
今年一年、皆様には多大なるご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
来る皆様の一年が、これらの赤い実が象徴するような、
華やかで笑顔に満ちた実り多い一年となりますように

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ(^^)

at 2011/12/31 15:56:52