株式会社レ・ミゼラ 代行事業部

あなたの「苦手」は、私たちの「得意」かもしれません。
皆様の「手間」は、私たちが「効率的に行う手段を知っていること」かもしれません。

各種事務局代行、事務代行、マネジメント代行サービスをご提供します。


難しいことではないのだけれど、ただただ面倒。
コツコツやればいいのだけれど、その数分を作れない。
自分でやるのは非効率。
・・・でも新たに1人雇うのも・・・
そんな事務作業の「不便」「面倒」を代行。
皆様の時間、そして活動は、目的遂行の為に有効に使ってください!!


 


〒146-0093
東京都大田区矢口2-28-11
ライフレビュー多摩川204号室

TEL:   03-3750-8454
MAIL: info@misera.co.jp

和紙のぬくもり

本日もお疲れさまでございます。

日本のころろ文化についてお話を致しております「日本に息づく心配り〜Le point de vue de Les Misera〜」の浅海です。

 

今日、スマートレター便が届きました。

中を開けてみると・・・

 

{FC7D09A7-025B-4A0C-84D5-284AB05A812E}
 

品物が和紙で包まれ、赤い紙で結ばれていましたラブ

しかもメッセージが添えられた、モダンな絵が描かれたハガキと一緒に音符

 

近年届くものと言えば、書類は大抵ビジネス的なクリアファイルに挟まれていますし、小さな品物は透明なビニール袋などに入れられていることがほとんどですよね。

 

でもこんなご時世でも、私は和紙を手にすることが多い方だと思います。

仕事柄でしょうか。

今回のように、和紙で包んだ品物を頂戴したり、和紙に書かれたお手紙を頂戴したり...。

現代の生活において汎用されていない和紙は、どうしても“高価”な気がして手が出なかったのですが、今では私も常に和紙を手元に置いています。

先日もお便りに添えた写真を和紙で包んで送りましたウインク


お手紙でもラッピングでも、和紙は手にした時に温度を感じます。

和紙にはぬくもりがあるのです照れ

そしてそのぬくもりは、送り主からのメッセージ(気持ち)だと感じ取れます(*´꒳`*)

 

和紙は布でいうと似ていますよね。

絹もぬくもりを感じます。

持っているだけで手が温かくなりまし、でも、さらっとしていて、べとつくことはありません。

ちなみに、ポリエステルなどの繊維は反対にひんやりしてくるものです。

 

大切な品は絹地の風呂敷で包みますよねニコちゃん

メールや電話にはない、ぬくもりを伝えられるという良さが、和紙にも絹地にもあります。

私たちは天然の素材を用いることで、先方に心のぬくもりを届けることができるのです。

私たちはとても素敵な文化をもっていますよね照れ

 

 

      ★お箸講座  : https://www.kokoro-kubari.com/lecture/hashi/

      ★風呂敷講座: https://www.kokoro-kubari.com/lecture/furoshiki/

      ★己書講座  : https://www.kokoro-kubari.com/lecture/onoresho/




※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。
和紙のぬくもり(https://ameblo.jp/manners-misera/entry-12351133125.html
at 2018/02/08 14:30:05