株式会社レ・ミゼラ 代行事業部

あなたの「苦手」は、私たちの「得意」かもしれません。
皆様の「手間」は、私たちが「効率的に行う手段を知っていること」かもしれません。

各種事務局代行、事務代行、マネジメント代行サービスをご提供します。


難しいことではないのだけれど、ただただ面倒。
コツコツやればいいのだけれど、その数分を作れない。
自分でやるのは非効率。
・・・でも新たに1人雇うのも・・・
そんな事務作業の「不便」「面倒」を代行。
皆様の時間、そして活動は、目的遂行の為に有効に使ってください!!


 


〒158-0083
東京都世田谷区奥沢6-27-7 1F

TEL:   03-5706-9822
MAIL: info@misera.co.jp

トップ  > 日本に息づく心配り~Le point de vue de Les Misera~  > お箸文化伝承に向けた考え

お箸文化伝承に向けた考え

本日もお疲れさまでございます。

日本のころろ文化についてお話を致しております「日本に息づく心配り〜Le point de vue de Les Misera〜」の浅海です。

 

桂歌丸師匠の訃報の報に接し、歌丸師匠の特集コーナーがテレビでも多く放送される中で、こんな歌丸師匠の言葉がありました。

(記憶の限りですので、細かな言葉や表現が異なりますこと、ご了承ください)

 

--------------------------------

Q:

長く続ける秘訣はなんですか?

--------------------------------

歌丸師匠:

ただただ一生懸命やること。選んだ道を真っ直ぐやること。

時には正道だと思っていた道が違うこともあるかもしれないが、その時にはそれにできるだけ早く気がついて、すぐに戻ること。

--------------------------------

 

この言葉を心に刻んだ今日、PCのファイル整理を行っていたら、以前、とある方へ提出するために書いた「箸文化の現状と今後やるべき取くみ」というタイトルのファイルを見つけました。

 

書いたのは3年半前。

生意気ながら国への希望も盛り込みながら、自身の箸文化伝承に対する考えを記しています。

これを読んで・・・

伝えたいこと、言いたいこと、行っていきたいことのベースは「変わっていないな」「今もブレていないな」と実感。

変わらずブレてもいないのだから、このまま突き進もう、改めてそう思いました。

でも一方で・・・

ちゃんと歩めているかな、力強く歩めているかな、この道を...そんな不安にも接しました。

 

拙い文章ですが、下記に全文を写してみます。

よろしければご一読いただけましたら幸いです。

 

* * * * *

 

箸文化の現状と今後のやるべき取くみ

 

 日本人にとってお箸はあまりに身近であり、近すぎる故その存在を改めて認識し、その価値や意味を振り返ることはほとんど行われません。また一人で食事をする「孤食」や、同じ食卓に集まっていても、家族がそれぞれ別々の料理を食べる「個食」が増え、箸使いなどを家庭で教え伝えることは日々難しくなってきています。加えて世界各国の食文化の普及により、お箸を使う機会が減っていることも確かです。その結果、今教え育てるべき子供の親自身の多くがその意味や、扱い方を身に付けておらず、またその伝承の必要性も認識していません。教える者が減れば身に付ける者は必然的に減り、いつかは教えられる者がいなくなり、新たに身に付ける者もいなくなります。その意味では箸文化は衰退の道へ足を踏み出しているのが現状です。

 

 しかしながらそれでも、まだ日本においてはお箸を一膳もおいていない家庭は恐らくなく、2013年には和食が、2014年には和紙がユネスコ無形文化遺産に登録されました。この時流の中、欧米化が更に進む一方、日本文化を見直す試みや取り組みは各所で確かに行われていますし、それに対する世界中の人々の関心は非常に高いものであると感じています。

 

 先日フランスでお箸の持ち方を伝えた時に「日本も日本食も大好きだし、お箸も扱う。でも誰も“正しいお箸の持ち方”は教えてくれなかったから、今日はとても嬉しい」と言われました。この言葉は上述の現状を凝縮していると思いますし、今は箸文化の意識的復活に最も適した時期ではなかと考えます。

 

 これまでは各家庭内で躾として行われ、誰もが自然に身に付け、国が対策を講じるものではなかった箸使い、そしてそこに宿る日本人の精神性の伝承ですが、既にそれらを伝承できる日本人は少ないのが現実であり、今後は国にその知識・技術を持ったスペシャリストの育成と認定、様々な箸文化の紹介をリードし、伝承の機会を多くセッティングいただきたいと考えます。またその際には、単に持ち方、扱い方といったハード面の伝承に留まらず、なぜ日本人にとってお箸は大切な存在なのか、そこから日本人として何を身に付けていくべきなのかという、土台となるソフト面を合わせて伝えていただきたく、その対象は大人に限らず、既に教えられる大人が少ないという現状を鑑み、未来を担う子供も加え、偏らないものとしていただきたいと思います。

 一方、国に全面的に依存するのではなく、自身としてもその普及のために、大小を問わず出来る限りの精力的な活動を心がけ、“人に話す”伝承実践を地道に行い、一人でも一瞬でも多くお箸を想ってもらえる機会を提供すること、そして、人に伝える立場の者として常に精進していくことが、取り組みの大切な土台であると考えています。

 

 

2015年2月

miseraマナー講座 代表 浅海理惠

 

 

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

<参加者募集中>

7月7日(土) 10:30~/14:00~(各回90分講座) 開催

Craft講座 『安心❤安全な世界でたった一膳のMy箸作り』

ご参加お申し込みはコチラから↓

https://www.kokoro-kubari.com/contact/

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

 

#己書  #マナー

#趣味  #自分磨き

 




※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。
お箸文化伝承に向けた考え(https://ameblo.jp/manners-misera/entry-12388216028.html
at 2018/07/03 17:49:23